自然環境   伝統文化
  
赤谷どんづきまつり

700年以上前から伝わる裸押し合い祭り「どんづき祭」は、15・25・42歳の厄年を中心とした男衆が、五穀豊穣、家内安全、身体健康などを祈って裸の体をぶつけ合います。「胴突き」がなまって「どんづき」になったといわれています。
鉢巻きに白の下帯、足袋姿の男衆が上赤谷集落から数百メートル山間に入ったところにある山神社に参集し雪深い境内と拝殿内を往復。「ワッショイ、ヨイヨイ」の掛け声とともに、激しいもみ合いを繰り返します。杉林に囲まれた神社は、かがり火がたかれ幻想的な雰囲気。男衆に清めの雪がかけられると、拝殿内が身体から立ち上がった湯気であふれます。祭が最高潮に達すると神主、地元代表者らが胴上げされます。

 ●とき/2月第3土曜日
 ●ところ/上赤谷山神社



炭小屋

赤谷地域の伝統産業であった「炭焼き」を後世に伝えようと、平成10年に建設した炭焼小屋。
赤谷地域特産品生産組合のメンバーが、品質を第一に丹精こめて焼きあげています。

特産品
お問い合わせ先
赤谷地域特産品生産組合 代表 青山与司
TEL 0254-28-2606
惣六漬け

新発田市赤谷地区で採れた秋ミョウガを地元のおかあちゃんの手で漬けた、無添加・無着色の季節限定品です。
名前の由来は、赤谷地区にお住まいの外門タケノさんが自家用で作っていた粕漬物であったので、外門さんの屋号にちなんで惣六漬けとしました。
ヤーコン芋(季節限定品11月〜2月)

ヤーコンはポリフェノールやフラクトオリゴ糖を多く含み、生活習慣病の予防や便秘の改善などに効果があります。
ヤーコンの味噌漬・粕漬
(季節限定品11月〜2月)


ヤーコンを地元のおかあちゃんたちが「惣六漬け」と同じように漬けてみました。ご飯のお供に、お酒のおつまみに大好評。(地元のおかあちゃんたちは粕漬けをお茶請けにしています。)
赤谷炭

地元の有志が生産組合を結成し、白炭・黒炭を赤谷の炭焼き小屋で品質を第一に丹精こめて焼きあげ販売しています。
原木:ナラ、ブナ、竹など
製品:黒炭、白炭
用途:燃料、消臭、調湿、水質浄化等
木酢液

炭焼きの際に抽出した純粋な樹液のエッセンス。殺菌・消臭などの効果があるので、園芸の土づくりや病害虫の予防、お肌のケアや皮膚の殺菌にお使いいただけます。

  新発田市役所 新発田市滝谷森林公園
〒957-0462 新発田市滝谷1686 TEL 0254-28-2713
冬季連絡先
新発田市役所 農水振興課

tel.0254-33-3108